親の家 相続 注意点

親の家を相続することになったときの注意点について。高齢化社会の到来に伴い、あれほど元気だった親にも介護などの心配やニーズが増えてきました。親の家を処分しなければならなくなったトキの注意点や引っ越しのこと、相続のことについてまとめてみました。
MENU

親の家を相続することになったときの注意点

ひとたび相続の問題が発生すると、たとえ少額でも争いのもとになることが多いものです。そして近年では親の遺産の取り分をめぐって兄弟や親子が争うことも珍しくなくなりました。

 

親の財産が多いほど取り分について争う感情が強くなり、

 

自分の方が親の面倒をみて財産維持に寄与したので取り分を多くしろ!

 

などという思いから、遺族間の遺産分割協議が整わず、最後は裁判所が関与・協議・調停と長い時間を費やしてようやく解決するというのも、よくあることなのです。

 

 

親の家を相続するときの注意点

親の遺産で最も複雑になるのが不動産です。特に親の家を相続するときにはいくつかの注意点があります。

 

親の家である不動産が遺産となった場合は、現金ではないので安易に分割することができないからです。土地なら分割所有もできますが、家は分けられません。

 

なので相続人が複数いるときはその家は相続人共有となり、家を処分したいときでも他の相続人の同意が必要になりますので、売却自体が大変困難になります。

 

また親の家を遺産として分ける方法に異議をとなえる相続人がいると、更に問題が深刻化・長期化します。

 

 

最も注意しなければならないのは現金

そしてもっとも注意点であることは、

 

相続の際には現金で税金を納めなければならない

 

ということです。

 

親の家を相続する税金を納めるために、親の家を売りたいが売れない。そして税金が支払えない場合には最悪物納ということになり、結局税金のカタとしてお国に差し出すことになります。

 

そしてさらなる注意点は、

 

税金を支払うために親の家を売ると、支払う相続税以外に不動産を売って利益をえたとして所得税も支払わなければならない

 

ということです。要するに親の家を相続したばかりに、二重で税金がかかることです。

 

こうした遺産の問題をクリアにするには、やはり遺言書それも公正証書に基づくものを作成していることが最適です。つまり

 

不動産を処分しやすいように単独で相続できるように遺言書に明記してもらう

 

のがいいです。遺言書は故人の遺志ですので相続人を拘束しますから効果が絶大です。

 

また遺言書の内容で相続することを拒否したいなら放棄すればいいので、いままで述べた不動産処分の件や税金のことでデメリットが大きいと思われるなら放棄するのもアリだと考えます。

 

遺産問題は必ずと言っていいほどモメますので、法律的なことはある程度事前に知っておいたほうがいいです。

 

下記のような無料相談を利用しながら不毛な争いや時間を費やすことのないようにしましょう。

↓↓無料で相続の専門家に相談ができます↓↓

 

このページの先頭へ